EN | DE

Kurzinformation Japanisch

ウィーンの歴史ある声楽・音楽専攻コース

 

国際的にも評価されている、ウィーンの伝統校「私立音楽院プライナー・コンセルヴァトリウム」【Prayner Konservatorium des Herrn Mag. Josef Schmid mit Öffentlichkeitsrecht】へ、
ようこそ。

当学院のコースを修了すると、オーストリアの教育・文部科学省から大学相応の卒業として認められます。

 

コースについて

実践志向な芸術ディプロマ・コースでは、クラシックやジャズといったジャンルでのプロフェッショナルな音楽活動に備えて、指導を行っています。そのほか、音楽教育学等のコースも開設しております。

クラシック専攻:

・ピアノ、室内楽、伴奏、声楽、歌曲/オラトリオ、バイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、フルート、クラリネット、オーボエ、ファゴット、ホルン、トロンボーン、チューバ、クラシックギター、ハープ、アコーディオン、打楽器 等

・オーケストラ・レパートリー

・音楽理論学、ソングライティング、作曲

・指揮

・オペラ、オペラレパートリー、オペレッタ、ミュージカル

ジャズ専攻:

・ジャズピアノ、ジャズボーカル、ジャズギター、サクソフォン、打楽器、エレクトリック・ベース、ジャズ・ベース/ジャズ・コントラバス、ジャズ・バイオリン、ジャズ吹奏楽 等

 

音楽教育学専攻:

・クラシック、ジャズ 科(ポピュラー音楽重点コース有り。)

 

入学選抜試験・出願手続

各専攻コースへの入学選抜試験は、基本的に各学期の最初と終わりに行っております。(場合によっては学期途中での受験も可能です)
 試験の登録手続は事前に当学院出願用紙に記入の上、履歴書(簡単なもので結構です)を添付したものをoffice@konservatorium-prayner.atまで、メールにて提出してください。

入学選抜試験の際は、パスポート・楽譜・入学検定料(又は、振込控え用紙)をご用意の上、試験に相応しい服装でお越しください。
 ※入学検定料は50ユーロとなります。
 ※西洋楽器のみ試験対象と認可します。その他の楽器は試験対象として認められません。

 

入学選抜試験内容:

 クラシック・ジャズ科

  ・受験者の試験時点での実力に相応な曲を3-4曲。
※専攻科目によって、追加条件をメールで指示する場合があります。(オペラ、オペラレパートリー、オペレッタ、ミュージカル、指揮、伴奏、音楽理論学、ソングライティング、作曲 等)

  入学選抜試験は実技試験も兼ねており、合格発表後に階級分けを行います。

 音楽教育学科

  ・本科への実力試験。※試験の詳細は登録後にメールにてお伝えします。

  ・合格発表後、こちらで本科への階級分け審査を行います。

  ・ドイツ語能力の優劣も合格の評価基準といたします。

 

入学登録方法:

入学手続は入学選抜試験の合格発表後に行います。登録時には、パスポート・証明写真2枚(パスポートと同サイズのもの)、署名済みの入学手続書類が必要となります

※登録時に学位証明書提出していただくことで学業成績の単位認定をすることが可能です。(※提出書類はドイツ語又は、英語のみ受け付けます。)

入学金     100,- ユーロ + 1学年分 2.100,- ユーロ 2.200,- ユーロ

(最低でも入学金 100,- ユーロ + 前学期分 1.050,- ユーロ 計1.150,- ユーロが必要となります) ※2019年1月現在

注: 本科コースではない予科コースのみの合格については、入学に際して学院長の承諾を得る必要があります。

 

在学期間とカリキュラム

本科の在学期間は、通常6年です。(※ジャズ、オペラ、指揮、作曲、音楽教育学 等は、4年とします。)入学選抜試験の判定次第で、期間を短縮する可能性もありますが、最低在学期間は3となります。

・カリキュラムとして主科目以外にも、教育課程のシラバス通りに副科目も受講して頂きます。
尚、主科目では進級の一環で定期的に審査試験を受けて頂きます。
芸術的実践専攻コースでは、卒業試験を審査コンサートとしており、教育学専攻コースでは、  教員資格試験にて委員会の方々に評価していただきます。

※ドイツ語で行われる授業や試験の為、入学時からドイツ語語学コースを受けて頂くことをお勧めしております。

プライナー・コンセルヴァトリウムでは、学院卒業証書として、組織法に従った芸術的国家認定の芸術ディプロマの認定取得が出来ます。(※音楽教育学の場合は、国家認定の教員免許状の取得となります。)
 当学院の卒業試験は、プロの音楽業界にも主張出来るハイレベルな審査の下に行われます。

 

学費

学費の詳細についてはウェブサイトをご覧ください。EU市民ではない外国人留学生は最低限の1主科目(必須科目である副科目も含む)コースで、一学年(二期制)約2100,- ユーロです。(※副科目のピアノ、声楽、ドイツ語舞台発音 等は別料金となります。)

入学検定料: 50,-ユーロ

入学金:   100,- ユーロ(※オペラ、オペラ・レパートリー、オペレッタ、ミュージカル、指揮、音楽教育学 等の専攻コースは上記の金額と異なります。)

 

ビザ・在留許可

学生ビザ査証申請はオーストリア国内の担当部署、または在日本国オーストリア大使館(領事館)にて可能です。(※私立音楽院用の学生ビザは、通常の学生ビザと異なり、Schülervisumと言いますが、扱いは国立大学生ビザ【Studentenvisum】と同等です。)

学生ビザの申請には入学証明書・オーストリアでの健康保険証・十分な生計(オーストリアでの安定した生活をおくる為の費用)・住所 等が必要とされます。(※ビザ・在留許可に関しての詳細につきましては、在日本国オーストリア大使館(領事館)まで、お問い合わせください。)

 

: 学生ビザの申請後に入学辞退を希望、又は、当学院と関係のない理由(寮、経済的事情、保険的事情 等)でビザ申請を断られた際には、キャンセル料お支払いと、ビザ申請窓口からの学生ビザ取り消しの証明書を提出していただきます。

 

Remark: The purpose of this translation is to provide some first information without guarantee regarding the correctness and completeness. 

 

 

コンサート動画

ニューイヤーコンサート ・ 123456789101112

室内楽 ・ 1234

クリスマスコンサート ・ 1234/14/25678, 910111213141516171819

 

© Prayner Konservatorium des Herrn Mag. Josef Schmid mit Öffentlichkeitsrecht 2019KontaktImpressumPrayner Konservatorium FBPrayner Konservatorium YT